Exhibitions

 

アレックス・フェイスとムエ・ボンは、10年以上にわたって国際的なストリートアートシーンを牽引してきました。一目でわかるキャラクターを再コンテクスト化し、現代の問題を反映した問いかけを続けています。親友であり、互いのコラボレーターでもある2人は、当初、公共の場でアクセス可能なストリートアート作品を制作することで、自分たちのコミュニティに考えを喚起し、アートを身近なものにすることを目指していました。繊細な個人的考察から痛烈な政治的コメントまで、様々なコンセプトの作品を公共の場で巧みに操り、地元バンコクを超えて世界的に知られるようになって久しくなります。彼らの公共スペースやギャラリーでの展覧会は、メルボルン、ソウル、ロンドン、ベニス、シカゴ、東京、台北、オスロなどで世界各主要都市にて多数行われています。

アレックス・フェイスとムエ・ボンが東京に戻ってくる本展『Desolated Vacation』では、感情やシンボルを織り交ぜながら、現代における孤独と孤立をテーマにした新シリーズの絵画を発表します。 また、このテーマは、進行中のパン デミックのために、実際には東京へ行くことができないアーティストたちの不在によって強調されています。

Artists

Alex Face

タイのグラフィティアーティスト、アレックス・フェイスは、都市生活者の思考を喚起するためにストリートで活動をしています。2009年に娘のマルディが産まれたことをきっかけに、彼の作品の中に彼女が生きていく世界の到来を憂い、彼女をイメージしたキャラクターを登場させ、大きな注目を集めるようになりました。時には目を閉じて登場し、通りすがりの人に辛辣な表情を見せ、弱気な心を映し出します。

  • Born in 1981 in Chachoengsao, Thailand
  • Lives and works in Bangkok

MUEBON(ムエボン)

ボンは、2005年にファイン・アーティストとして卒業して以来、アジアで最も多作なストリート・アーティストの一人として着実に評価を高めてきました。チェンライ、ヤラ、そして世界中で、彼のトレードマークであるキャラクターは、路上の壁やお店のシャッター、エルメスなどの有名ブランドとのコラボレーションなど、あらゆる場所で描かれています。

ボンのスタイルと、ストリート作品を非常に細かく鮮やかなギャラリーペインティングや彫刻、インスタレーションに変換する能力は、他の多くのストリートアーティストとは一線を画しており、アジアのストリートアートの最前線に立っています。

  • 1999 Applied Art, Areshevatonbure Campus.
  • 2005 Painting, Rajamangala Institute of Technology Bangkok University (Pra-Na-Khon-Tai, with Honors)