チャールズ・コーハンは、ハワイ大学マノア校美術・美術史部門版画科を担当する大学教授でもあり、国際的に活躍するアーティストです。カリフォルニア美術工芸大学を卒業後、クランブルック・アカデミー・オブ・アートにてM.F.A.を取得。コーハンは ‘Arm and Roller Press’ の通称でアーティスト活動を行っており、ホノルルが拠点のLRC(Lithopixel Refactory Collective)の共同創業者としても知られています。Pichuck Glass Schoolの版画スタジオやカリキュラムのディレクションに20年以上従事する等、チャールズ・コーハンは実際にワークショップで教鞭をとりつつ、コラボレイティブ・プリントメイキング(版画芸術)の分野で国際的に活躍しています。

  • 1960 Born in America
  • 1979-1983 BA Studies in Art in University of Washington, Seattle, WA
  • 1983-1985 Bachelor of Fine Art in Printmaking in California College of Arts and Crafts, Oakland, CA
  • 1986-1988 Master of Fine Art in Printmaking in Cranbrook Academy of Art, Bloomfield Hills, MI
© チャールズ・コハン